HOME > 建物管理にお悩みの方 > 建築物の各種定期点検と建物診断

建築物の各種定期点検と建物診断

一級建築士による定期点検
不特定多数の人々が利用する建築物では、火災などの災害が起こると大惨事に発展する恐れがあります。こうした事態を避けるために建築物の各種定期点検が義務付けられています。
また、建物寿命を確保するため、中長期修繕計画の作成のためにも、必要に応じて建物診断をお勧めします。
これらの点検および診断は、弊社の一級建築士が担当いたします。

診断内容

建築設備定期検査

建築基準法による、法定点検です(年1回)。
換気設備、排煙設備、非常用照明、給排水設備等を点検し、管轄行政庁へ報告します。

特殊建築物等定期調査

建築基準法による、法定点検です(3年1回)
敷地関係(塀、道路、避難経路等)、構造関係(基礎、柱、窓、外壁等)、防火関係(防火構造、防火区画等)、避難施設等の状況調査を行い、その結果を特定行政庁へ報告します。

建物診断

細かな項目について建物の劣化状況および不具合箇所を診断しリポートにまとめて報告します。このリポートを基に修繕計画を立てることができます。

コメントは受け付けていません。

虎の巻プレゼント