設備管理

責任重大な管理・メンテナンス
大切な資産と快適な住環境を維持するためには、その設備の管理・メンテナンスは欠かせません。
また、万が一事故などが発生すると、その損害と責任は重大です。マンションオーナー様および入居者様の財産、生命を守るため、コンプライアンスを重要視した設備管理に努めます。

点検内容

巡回設備点検

巡回での設備点検では、必要最小限のコストで設備管理を行うことが可能です。定期的に設備を点検することで、設備異常の早期発見と早期対応が可能となり、建物の“予防保全”に繋がります。

消防設備点検

消防法により、年2回の点検が義務付けられています。
自動火災報知機、避難器具、消火器等を点検し、管轄消防署へ定期報告を行います。

エレベーター保守点検

建築基準法による年1回の法定点検及び毎月又は隔月の点検を実施します。
フルメンテナンス契約(各機器の部品取替えを含めたプラン)とPOG[パーツ・オイル・グリース]契約(各機器の部品取替えは別途請求のプラン)があります。

給排水設備点検

ポンプ、水槽等の給排水設備を点検します。
その他、貯水槽の清掃も年1回義務付けられています。

コメントは受け付けていません。

虎の巻プレゼント