ECO設備

注目のECO

エネファーム

システム

エネファームとは天然ガスから水素を取り出し、空気中の酸素と化学反応させることで発電する家庭用燃料電池です。
さらに、発電時に出た熱でお湯をつくるコージェネレーションシステムです。
エネルギー利用率は約80%ですので、従来のシステムに比べて一次エネルギーとCO2を大幅に削減できます。
燃料電池は、水の電気分解の逆の原理です。その際に「電気」と「熱」と「水」のみが発生し、発電時にはCO2などの温室効果ガスはほとんど発生しません。

メリット

国の民生用燃料電池導入支援事業としてエネファームを導入すると購入費用の一部について補助金がでます。(平成22年度、補助上限額税込130万円)
一次エネルギーの削減、電気料金の削減、CO2削減、国の補助金等マンションオーナー様にとってメリットの大きい設備です。


太陽光発電


システム

太陽光発電は、賃貸マンションの屋根などに設置した太陽電池モジュールによって太陽光が持っているエネルギーを電気エネルギー(直流電力)に変換して発電します。

メリット

発電時にCO2をまったく排出しませんので、環境保全に貢献できます。
また、2009年11月より太陽光発電システム設置後10年間は、太陽光で発電した余剰電力を、関西電力が1KW当たり全国一律48円で買い取ります。
通常の1KW当りの販売価格は24円程度です。
太陽光発電設備を取り付けると、エネ革税制により優遇税制、特別償却、国の補助金交付等のメリットがあります。
マンションオーナー様にとって、購入電力量が減り、余剰電力を関西電力が割高な電気料金で買取りますので光熱費を抑えることができます。
※エネ革税制(エネルギー需給構造改革投資促進税制)


オール電化住宅


システム

オール電化住宅は、火を使わず、キッチン、給湯、冷暖房など、家庭内のエネルギーをすべて電気でまかないます。
エコキュートは空気中の熱を有効活用してお湯を沸かします。この空気熱は、元をたどれば太陽の熱が空気に蓄えられたものです。
エコキュートが注目される理由としては、ヒートポンプ技術により、再生可能エネルギーである「空気熱」を有効利用するから。

メリット

とても省エネな給湯機です。電気料金が約1/3になります。
また、家庭から出るCO2を大幅に削減することができます。
IHクッキングヒーターは鍋自体を発熱させるので火を使わず料理できます。
吹きこぼれによる立ち消えや消し忘れの心配がありません。また、油が飛び散りにくく、汚れにくい、お手入れ、お掃除も簡単です。
エコキュートとIHクッキングヒーターを備えたオール電化住宅は、光熱費がとてもおトクになり、環境にもやさしいので入居者に人気があります。

コメントは受け付けていません。

虎の巻プレゼント